dlitの殴り書き

言語学とかの殴り書きでないものを読んでみたい方はダイアリーの方(http://d.hatena.ne.jp/dlit/)もどうぞ

謎のNAVERまとめ記事に自分が書いたものが入っていたのを見つけた

はじめに

 以前、どこかで

自分が書いたもの(ついったーのついーとなども含めて)がNAVERまとめの記事に入っていることがあるので、「site:matome.naver.jp 自分のid」で検索して見るとよい

というのを見つけてやってみたのですが、確かにかなり意外なものが見つかりました。ちなみに検索結果は
site:matome.naver.jp dlit - Google 検索

これまでもあったが…

 これまでも、自分が書いたブログの記事がNAVERまとめの記事に入っているということはありました。
 たとえば下記の2つなどは自分が書いたもの以外も気になるものがまとめられてあっていくつか読みましたし、定期的に(今でも)この記事からブログへ読みに来てくれる人がいます。
matome.naver.jp
matome.naver.jp

よくわからないタイトル

 今回見つけたのは下記のまとめ記事です。
matome.naver.jp
Googleの検索結果でタイトルを見かけたときから「元気になる勇気をもらえる言葉」という表現にかなり違和感があったのですが、開いてみてさらに違和感…そこに入っていた私の記事は以下のものでした。
d.hatena.ne.jp
うーん、この記事から元気や勇気をもらえる人ってどれぐらいいるんでしょうか。いや、何から元気や勇気をもらうかっていうのは色んなケース/可能性があると思いますので、ありえないなんてことは言いませんが…実はこの記事はけっこう重い気持ちで書いたので余計そう思うのかもしれません。
 そこで他の記事を見てみたところ、なんかけっこう知っている方の記事が入っていてちょっと別の驚きが。
 私のものよりびっくりしたのはid:takeda25さんの以下の記事が入っていたことでしょうか。
d.hatena.ne.jp
さらにid:rosechildさんのものも2つ
d.hatena.ne.jp
d.hatena.ne.jp
あとid:complex_catさんのものも
complexcat.exblog.jp
 特に私やtakeda25さんの書くことば関係の記事を入れて「元気になる勇気をもらえる言葉」というフレーズでくくってしまうのは、なんというかかなり意外でした。私は結構言葉づかいに関しては厳しめのことも書きますしね。それか説明系の記事が多いですし。
 もうちょっと説明があるか、「気になることば」みたいなタイトルでまとめられていたらぜんぜん気にならないんですけどね。

おわりに

 webで何か書いたことのある皆さんは、こういう意外な出会いがありますので、気が向いたら上記のやり方などを使ってNAVERまとめを検索してみてはいかがでしょうか。