dlitの殴り書き

言語学とかの殴り書きでないものを読んでみたい方はダイアリーの方(http://d.hatena.ne.jp/dlit/)もどうぞ

「ないべき」の話についてちょっとだけ補足(+否定に関する読書案内第2弾)

 ほとぼりが冷めたようなので(?)、少し補足を書いておく。
 現象自体は下記のツイートにまとまっているので、リプライ等も参考にして下さい。



あと、丁寧に説明するとたいへん長くなるので専門用語とかそのままで端的に書きます。
 もともとこの話は某所で文法現象としての否定に関する理論言語学的なイントロをやった時の一部で、「作用域 (scope)」を慣れてない人向けに紹介するには、身近な例がいろいろあった方がいいだろうと思って出したもの。
 統語構造と意味のずれを体感するために、下記の例文の解釈がどうなるかということを考える。

(1) パンを食べるべきではない。
解釈a. must > ¬: 「パンを食べない」でいるべき
解釈b. *¬ > must: パンを食べなければならないということはない (=パンを食べなくてもよい)

生成統語論の(おそらく)一般的な仮定の下では、日本語の複合述部の要素間では、基本的に外側(右側)にある要素ほど統語的に高い位置にあり広い作用域を取ると予測される。つまり、予測されるのは解釈bなのだが、実際には解釈aしか得られない(少なくともずっと優位である)。
 生成統語論ではこのような「ずれ」を解決するために、「移動 (movement)」という分析をよく用いる。統語構造と意味の対応にずれがない次のような例の容認度が低いことも関係しているかも…というところで問題の例文の登場。

(2) ??パンを食べないべきだ。

たとえば「ない」は「べき」の節内にはそのままでは現れられないけど、「べき」より高い位置に「移動」したパターンなら可能で、そのために表面的な要素の位置と解釈の対応にずれができるという分析が考えられる(ざっくり言うと、「べきでない」という形式が「ないべき」のパターンで表されるはずの意味をカバーしている)。ちなみにこれに近い話として否定上昇 (neg-raising)と呼ばれる現象・分析がある。
 ここで、実は(2)を完全に容認する話者もいるという話をおまけ的に入れたわけ。
 さらにこの後、実は節内に「ない」が生起できる「はず」も「べき」と同じような解釈のパターンになるので、どうも(2)がダメなことはこのような「ずれ」の話とはちょっと独立していそう、というややこしい話にしちゃったけれども。

(3) 太郎が走るはずがない。
解釈a. must > ¬: 「走らない」ということが必然である。
解釈b. *¬ > must: 「必ず走る」ということはない(=走らないかもしれない)
(4) 太郎は走らないはずだ。

 ちなみに義務の否定が否定命題の許可になったり、必然(性)の否定が否定命題の可能(性)になったりするのは様相論理・様相意味論を勉強すると出てくる話なんだけれどもここでは割愛。英語だと“not have to”が否定命題の許可になるのが直観的に分かりやすいかな。
 ツイッターでも書いたけれども、今の私自身の(2)に対する容認度は?1つといったところ。ただ研究ノートの最初の内省判断は?2つになっていたので、それをここでは採用している。
 あと、形容詞のイ形が「べき」内に生起するパターン(「賢いべきだ」)は、どうも反応を見ていると「ないべき」を容認する話者よりけっこう少ない感じ。確かに、私自身も形容詞イ形+「べき」の容認度は今でもかなり悪い。授業で口頭で聞くという調査とも呼べない雑なやり方で調べた結果しか手元にないので、議論するためにはもっとちゃんとデータを取る必要がある。ツイッターでも関連する論文が出るという話が出ていたし。

否定に関する読書案内

 この話をした時の資料につけた読書案内をせっかくなのでここにも載せておく。私の話す内容を踏まえた端的な解説になっているのでわかりにくいかもしれないが、大幅に書き直すのは面倒なのでご容赦いただきたい。また、いただいた話の条件を考慮して日本語で読めるものを中心にしている。

否定と言語理論

否定と言語理論

A. 加藤泰彦・吉村あき子・今仁生美(編) (2010)『否定と言語理論』開拓社.
論文集。かなり新しい研究成果も取り入れた論文が多く、また意味論や語用論、通時的研究などもカバーしているため、理論研究を中心に否定に関するトピックや研究史をまとめて見るのに大変便利。ただし、理論的側面については慣れていない人向けに丁寧に書かれているものは少なく、大変かもしれない。
時・否定と取り立て (日本語の文法)

時・否定と取り立て (日本語の文法)

B. 工藤真由美 (2000)「否定の表現」仁田義雄・益岡隆志(編)『日本語の文法 2 時・否定ととりたて』, 93-150, 岩波書店.
日本語の否定および関連諸現象について、具体例を多く提示し問題点や現象の整理を行っている。日本語の否定について概観する、特に現象の確認、関連する表現を探すのに重宝する。ちなみに一緒に収録されている、金水氏が書いている「時(テンス・アスペクト)」、沼田氏が書いている「とりたて」の方も良い概説だと思う。
極性と作用域 (英語学モノグラフシリーズ)

極性と作用域 (英語学モノグラフシリーズ)

  • 作者: 奥野忠徳,小川芳樹,原口庄輔,中村捷,中島平三,河上誓作
  • 出版社/メーカー: 研究社
  • 発売日: 2002/07
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人
  • この商品を含むブログを見る
C. 奥野忠徳・小川芳樹 (2002)『極性と作用域』研究社.
英語学モノグラフシリーズで英語の現象が中心だが、極性(特に否定極性項目)と作用域に関する基本的な事項について日本語で読むことができる。否定極性項目の研究史、特に意味論的研究に関するまとめは貴重。
日本語否定文の構造―かき混ぜ文と否定呼応表現 (日本語研究叢書―Frontier series (18))

日本語否定文の構造―かき混ぜ文と否定呼応表現 (日本語研究叢書―Frontier series (18))

D. 片岡喜代子 (2006)『日本語否定文の構造:かき混ぜ文と否定呼応表現』くろしお出版.
日本語の否定極性項目に関する現象、問題点、分析について日本語で読むことができる。否定に関する先行研究の丁寧なまとめが複数含まれており参考になる。
指示と照応と否定

指示と照応と否定

E. 加賀信広 (1997)「第Ⅱ部 数量詞と部分否定」中右実(編)『指示と照応と否定』, 91-178, 研究社出版.
部分否定に関する詳細な考察が豊富な具体例とともに読める。「部分否定」をはっきり取り上げた日本語で読める文献は思ったよりずっと少なかったので貴重だと思われる。否定に関する(作用域の違いとかの)解釈やスケールを用いた議論に慣れるためのトレーニングとしてもいいかもしれない。

追記(2017/02/14)

 宣伝するのを忘れていた。「べき」の節構造については、そもそもどう分析するか(私にとっては)ちょっと悩ましいところがあって、別の現象と絡めて下記で紹介している論文で少し言及しました。
d.hatena.ne.jp

関連エントリ

dlit.hatenablog.com